最新-独断ネットニュース-速報

住宅、金融関連の話題を多く取り上げています。 2chまとめも始めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

すかいらーく労働組合に調停を申し立て、労組の責任を追求へ


外食産業は総じて労働環境が劣悪なんだろう、その中でもファミレスなどは
年中無休かつ24時間営業をしているところも多い。

月に130時間の残業とかなり気の毒な状況が明白だった為に
会社もさすがに責任を認めている。
ただ根本的なところから間違ってるとは思うけどね。
工場のラインのように止めてはムダと24時間操業するのなら
コストだなんだと言い訳する前に、まず適正人員を用意するのが筋だよなぁ。

今回は責任を追及されているのは労組なんだけれど
実態があるのかないのかわからない御用組合的なものだったかもしれないし
そもそも今のご時世では何れにせよ労組が役に立つとは考え難い。

ましてや大手の外食産業の現場では店舗別で社員が分断されていて
横の繋がりが取り難い状況では労組も機能しにくいだろうね。

労組の対応が拙かった事の説明責任は免れないのだろうけど
それ以上に、会社の体制に不備があった事の方が問題だと思うけどなぁ。


過労死したファミリーレストラン店長中島富雄さん=当時(48)=の妻晴香さん(51)が31日、富雄さんが加入していた「すかいらーく労働組合」を相手取り、組合の義務を果たさなかったことの謝罪などを求め、武蔵野簡易裁判所に民事調停を申し立てた。過労死問題で労組の責任を追及するのは異例。

申し立てによると、富雄さんは2004年8月、脳梗塞(こうそく)を発症し、10日後に死亡。残業時間は月平均130時間に及び、05年3月に労災認定された。会社は責任を認めて謝罪、昨夏示談が成立した。

 一方、労組は組合員の健康や生命が侵害されないよう労働条件の改善向上を図る義務を負っているのに、改善申し入れなどの措置を何も行っていなかったという。さらに、組合委員長が、過重労働が本人の責任であると受け取れる発言をしたとし、説明と謝罪も求めている。

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000129-jij-soci
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。