最新-独断ネットニュース-速報

住宅、金融関連の話題を多く取り上げています。 2chまとめも始めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

07年度新設住宅着工戸数は103万戸、法改正でも大台越え[住宅問題]


大幅減少だ官製不況だと言う業界関係者は多いようだけど
100万戸は超えているのに何が不満なんだろうね。

つい最近までは法改正などなくても100万戸割れが現実になる日が
そう遠い話ではないとか言ってたような気がするんだけどなぁ。

今のご時世でも家が売れる方が不思議なんだけど、
これはやはり更新期にあたる家屋が多いってことなのかもね。

そういえば今日は暫定税率再可決(ガソリン)のニュースで持ちきりです。
地方では公務員ぐらいしか家を建てられないなんて話を思い出しながら
ニュースを見ると、一部の者達だけが得をする社会になりつつあるのかなぁと感じるよ。

民意よりも票と金、政財官の鉄の結束でそれにぶらさがる奴らだけが安泰になるシステムの維持に固執しているようにしか見えないよね。
これでまたがっぽり稼げるとニヤついている奴らも多いんだろうな。

それでも建築(土木)業界は改正建築基準法を恨むんでしょうかね。
始めからしっかり家作りしておけば良かっただけなのに。
暫定税率が復活しただけでもありがたいと思って欲しいんだけどさ。
ほんとどこまでもとぼけている業界だと思うよ。

詳細についてはこちらの引用した記事をご覧下さい。


国土交通省が30日発表した2007年度の新設住宅着工戸数は、
前年度比19.4%減の103万5598戸で、1966年度以来41年ぶりの低水準となった。

改正建築基準法で建築確認が厳格化され、昨年7月以降、着工戸数の前年同月割れが続いたのが響いた。着工の遅れが引き金となり、建設業者やマンション業者が倒産するなどの影響も出ている。

内訳を見ると、法改正の影響が大きかったマンションが34.0%の大幅減少。分譲住宅全体では26.1%減の28万2617戸。持ち家は12.3%減の31万1803戸、貸家は19.9%減の43万867戸。 

Yahoo! JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000115-jij-bus_all&kz=bus_all
スポンサーサイト
[ 2008/04/30 ] [特集]住宅問題 | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。