最新-独断ネットニュース-速報

住宅、金融関連の話題を多く取り上げています。 2chまとめも始めてみました。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

旅行・観光、「海外旅行ツアーのキャンセル料」九十日前から徴収可能に規定見直しへ・観光庁-2chニュース速報+/まとめ


初日の出もキャンセル?
日の出


【経済】海外旅行のキャンセル料を90日前から徴収できるよう規定を見直す方針
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1325199402/
 
1 名前: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★[tokimeki2ch@gmail.com] 投稿日:2011/12/30(金) 07:56:42.89 ID:???0 BE:480090427-PLT(12556) 
  観光庁は二十九日、旅行会社が募集する海外旅行ツアーのキャンセル料を、  
  出発の九十日前から徴収できるよう、旅行業法に基づく「標準旅行業約款」の規定を  
  見直す方針を固めた。旅行代金の10%以内とする案が有力で来年三月ごろまでに  
  結論を出したい考え。  
   
  現在は年末年始などピーク時を除き、出発三十日前からキャンセル料が発生するのが一般的。  
  近年はその直前の予約取り消しが増え、旅行会社は多額の航空運賃や宿泊費の  
  肩代わりに頭を痛めている。  
  標準旅行業約款は、旅行会社が顧客と契約を結ぶ際の基準で、改定すれば業界全体に  
  定着する見通し。  
   
  日本旅行業協会が今年八月に実施した主な旅行会社へのアンケートによると、  
  海外ツアーのキャンセル率は、二〇〇四年は31%だったが、一〇年には49%まで増加。  
  うち88%は、出発三十一日前までの取り消しだった。手軽なインターネット予約が  
  広まり「取りあえず予約」する人が増えた影響とみられる。  
  出発日近くにキャンセルされると、再販売は難しい。旅行会社はリスクを避け、  
  高額な海外のコンサートやオペラ、有名ホテルをツアーから外す傾向もあるという。  
   
  観光庁は「取り消しを前提とした重複予約が減り、予約しやすくなる利点もある」と話している。  
   
*+*+ 東京新聞 +*+*  
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011123002000029.html

では、市井のさまざまな意見見解をお楽しみください。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。